先見性のオリジナリティーが光る

当社は1960年以来、受信管用およびブラウン管用ヒータとカソード、蛍光表示管用フイラメントおよび直熱型カソードの製造に取り組み、ハイビジョンを含むカラーテレビ用、コンピュター用、測定用そしてレーダー用など、幅広いディスプレイ用途のニーズに応えてきました。
品質、信頼性そして性能などについては、国内はもとより、世界各国から高い評価を受けています。現在では、より一層の高性能化のニーズに応えるべく、動作温度の均一化に対応した”高特性ヒータ(絶縁材料被膜の均一化)”や、高電流密度カソード(含浸型カソード)用ヒータの”高温動作型ヒータ”の開発・量産にも取り組んでいます。
また、当社の得意とするタングステンやモリブデン等の、加工の難しい耐熱性金属の各種加工や組立に対するニーズにも応えてまいりました。
そして、そこから蓄積された材料技術や製造技術から生み出された各種用途の製造設備に対しましても、そのニーズに応えてまいります。

▲ UP
>>このサイトについて   >>個人情報の保護について
Copyright(C) JAPAN ELECTRONIC MATERIALS CORPORATION 2005.ALL Rights Reserved .